2018年8月14日火曜日

うなだれるひまわり

颱風リーピが予想外に北よりにコースを変えて、明日未明九州上陸し九州、熊本を横断しそうです。
図中の赤線はかつての予想進路。
うちに最も近づくのは明朝。
降水予想で明日朝の6時くらいの予想図を見ました。
明日は雨ですなあ



先日、ニュースで、宇城、豊野のひまわりのニュースを見ました。
見に行ってこよう、と出かけたのが今日。
熊本市北部の自宅から、宇城豊野まで、3号線使って、およそ1時間半。
豊野、糸石にあるらしい、しか分からず、行けば看板とかあるんじゃないか、と、かなり適当に考えて、行ってみたものの。3号線から218号線に乗って、豊野を超えて、美里町まで行っても看板なんてありゃしない。
そこで、糸石にあった、コンビニで店員のお姉さまにきいてみたところ、、軽く笑って新設に絵をかいて教えてくださいました。軽く笑ったのは、あーやっぱり分かんないわよね。の苦笑?だったのでしょうか。
で、いってみたところ、途中で変な看板のせいで、迷子になりかけましたが、コンビニのお姉さまの手書きの地図通りに行って間違いなく到着。

神社が目印ですが、この神社と、その境内にある看板については、予想外の収穫だったので後述。
写真はすべてクリックすると拡大します。


神社の入り口にこのような案内板がありました。

この案内板を、もっと手前においてほしかった、、、
子の案内板の近くに車を置いて、そこから歩いて行ってみると。


現場に到着。なんか怪しげな感じ。予想外に緑が多いぞよ。


kの看板を見ながら少し登ってみると。



来てみると。ガーン。全部のひまわりが暑さでか、うなだれ気味にしおれとる。

ここから下は、うなだれた残念な姿のひまわり映像です。













一同、礼! みたいな。





ショボーン、スンマセーン、みたいな。

ショボーン、スンマセーン、


サーセン的なヒマワリ






みんなでガックシ、的なヒマワリ。


さて、神社の話ですが、名前は相良神社と呼ぶようです。


鳥居をくぐると、やや新しい、小さなお堂があります。





ちいさなお堂は相良堂というようです。再建して新しくなっている風ですが、県史跡とありますねえ。
不思議な。

帰宅後、このブログを書く前に、調べて見ると、、宇城市のサイト
https://www.city.uki.kumamoto.jp/kankou/q/aview/113/93.html

以下のような説明があります。

『享保15年(1730)に、惣庄屋の中山孫左衛門によって建立された響ヶ原の戦い(天正9年(1581))で没した相良義陽とその家臣を祀るための堂。相良義陽の家臣であった犬藤頼安によって没時に供養碑が建立されており、これを保護し供養するために建てられた堂です』


そう、先ほどのひまわり畑の周囲、少し台地状になっています。
まさかこの地が、あの有名な響が原だとは。
響が原とは、かつて戦国時代に、上述のような、響が原の戦いでゆうめいになった場所。
古戦場です。

鎌倉時代以降から、人吉付近を収める領主(地頭)が、名族相良氏。
徳川期も生き延び、人吉藩の大名として幕末まで残ります。鎌倉時代の領主が同じ場所で残るというのは全国でもそう多くありません。九州では薩摩の島津家。人吉の相良家。
相良家もその間、様々な苦難を乗り越えてきましたが、戦国末期の九州。島津家が薩摩大隅を平定し、北上しはじめ。
天正6年1578年。日向伊東氏を攻めたことがきっかけで豊後大友氏が出張って日向の耳川で大きないくさになり、大友家はみじめに大敗し、多くの名だたる武将が戦死。これをきっかけに大友家は衰退を始めます。
その後、島津はすぐに日向を平定し、豊後に攻め入ることはせず、肥後に侵攻します。
肥後は人吉の相良家と、益城や阿蘇の宮司家だった、阿蘇氏が庇護の大きな領域を占めていまいした。それ以外の地域は菊池家がいたのですが、肥前の龍造寺と大友支配で転々としており、ローカルな豪族がそれぞれのパトロンをその場その場で都合よく変えながら割拠している状態。
相良氏は早い時期から島津とよしみを通じていました。

このため、島津家は益城を収める阿蘇氏を取り込むため相良氏を先兵とします。
当時の相良氏の当主、相良義晴は阿蘇氏の名臣御船城主甲斐宗運と厚い盟友関係を結んでいました。
友情を取るか。お家の大事を取るか。
義晴は守りにくい響が原台地上に陣を敷きます。島津の侵攻と相良軍の出兵を聞き、相良軍が響が原に本陣を敷いたと聞いて、宗運は耳を疑います。あんな場所では負ける気か?と。
甲斐宗運は一気に相良義陽の陣を奇襲、相良勢は壊滅します。
相良義陽は退却を勧める家臣の言を無視し、床机に座ったまま敵兵に斬り殺されたといいます。
義晴は、盟友甲斐氏と相互不可侵を誓い合っていましたが、膨張する島津の勢いには抗えず、
意に反して、益城に軍を進めてしまったことを悔やんでいたのでしょうか。
まるでその盟約違反を懺悔するかのように、悲劇的な終わり方をしています。

この相良義晴の首やこの戦で戦死した相良家臣の亡骸を供養するために縦らえたのが相良塚で、その後、その塚にお堂が建てられ、相良堂されたのですな。
相良神社の境内には響が原合戦に関する案内板もあります。夏草に埋まって、目立ちませんが。
夏草や兵どもが夢の跡、を地で行く感じ。









ひまわり目当てに来てみましたが、ヒマワリは残念ながら、響が原合戦で負け、うなだれる相良兵を思わせる残念な姿ではありましたが思わぬ古戦場訪問になりました。













































剣客商売全集(8)前半感想 

時期的にはお盆休みになりますが、先月墓参り済ませました。
会社も8/13~15は休みなのですが、この期間中は食堂は開いており、初日だけ、お昼ご飯を社食で取りました。
前夜ペルセ流星群を眺めている深夜も乾いた風が吹いていたのでひょっとしたらそうなるかもしれないなと感じましたが、13日の熊本県(九州各県も)、フェーン現象で激しく気温があがりました。
日田で39.9度だったらしい。
熊本市で38.1菊池で38.4度。じりじり焼けそう。


剣客商売全集 8巻前半 「二十番斬り」 (おたま、二十番斬り)
剣客商売の作品としてはこの8巻の作品で最後になります。別冊もあるらしいのですが。
図書館では見たことがない。
せっかく面白い作品を見つけたのですが、これでもう読み終わると思うと、寂しいです。
といいつつ、今の時点で読み終えています。小兵衛はまだまだ生き続けるようです。
最終巻の最後の話時点で、余命が30年近くあるのです。
剣客商売は小兵衛とその息子大治郎が主人公ですが、お話的には、
その周りの個性豊かな、江戸の町人kお兵衛の友人たちが大きな存在です。その多くの友人や仲間が小兵衛が亡くなる前に死んでしまう。ことになっています。
恐らく、小兵衛の最後は孫、小太郎が立派な人物になっているでしょう。
ただ、時代の波の大きさが大変なもの。幕末明治維新を迎え、小兵衛の予想通り、侍の世ではなくなります。剣客としては生きていけない世になります。



ほぼあらすじをかいてしまっておりネタバレになります。ご注意ください。

おたま
小兵衛とおはるがおたま、と呼ぶ白猫は小兵衛の隠宅に迷い込んで居ついたのは一昨年前、おはるは嫌がったが小兵衛に懐いて一年前の梅雨に一旦居なくなった。それが一年ぶりに姿を見せ、小兵衛を誘うそぶりを見せる。
おたまは、木立や竹藪に囲まれた一軒家に小兵衛をさそいだす。中に人がいる気配がする。小兵衛は二年前、通りがかりに無頼の浪人に暴行を受ける老人を救ったことがあり、その事件の時、一部始終を見ていたのがおたまだった。そのことを思い出して、意を決して、一軒家の中に踏み込むと、大男の禿げ頭の老人が猿轡をかまされ後ろ手に縛られて、女が三人の男たちに強姦されていた。小兵衛はなんなく三人を追い払った。また老人に見おぼえがあったが、老人のほうは覚えていないようだ。四十年ぶりの再会。老人の名前は夏目八十郎という。
この事件には裏があって、女の動きからそれを察した小兵衛はこれを見抜く。女は老人のお金を目当てにしているが、老人との関係も清算したいと思っており、自らを餌にして、三人に襲わせた。三人の無頼たちと女は一味だった。
夏目八十郎はかつて小兵衛の師匠、辻道場に入って八年目に、ほうぼうの道場を渡り歩く、夏目に辻道場であった。しかし、当時、夏目は強く、小兵衛がけいこで一度として勝てず悔しい思いをしていたのだった。
弥七によると、夏目は大変な猫好きらしい。四十年もたつと、ひとはすっかりかわるものらしい。・

小兵衛が猫と関わる話はまえにもありました。
おたまでは、前に小兵衛が買っていた黒い猫のくろ、という猫も登場します。
小兵衛によると、猫は人間以上に周りに気を遣う生き物で、あるらしい。

二十番斬り。
やや長編です。
前にも書きましたが、ざっくり書くと、
小兵衛の若いころに師匠から剣だけなく人生の支えとしても面倒を見てほしいと頼まれた門人仲間がいました。
その門人仲間の息子に関わる事件に小兵衛が関わる「二十番切り」。
十番斬り同様、二十人をばったばったと倒していきます。、傘徳さんの表現を借りるとゆらりふらりとした動きで倒していきます。最後の一人は番傘で倒すという離れ業をみせます。
門人仲間の隠された秘密、師匠辻平右衛門との秘密の関係が明かされますが、この息子は最後まで真実を小兵衛に直接語らないままでした。

2018年8月13日月曜日

2018ペルセウス流星群(2)

2018年のペルセウス座流星群を見てきました。
13日0:30に自宅出て、鞠智城跡に13日1:00頃着。準備して。
最初に撮ったのがこれ。

(2018.08.13 ペルセ01 by α6000 SEL24F18Z  F 3.2 ISO1250 319s 5min19sec 固定)

ペルセの特色ですが、明るい流星も多かったですね。ただ、今回、流星痕が残るほどの流星は見えませんでした。3:30に撤収するまでの2時間で、恐らく、10分で5~6個は見えたので1時間当たり30~40個以上は出ていたように思いました。
雲も少なくて。条件は良かったです。



(2018.8.13 ペルセ02 by α6000 SEL24F18Z  F 3.2 ISO3200 20sec 固定)
鞠智城の鼓楼を入れて固定で20秒。



(2018.8.13 ペルセ03 by α6000 SEL24F18Z  F 2.2 ISO400 36sec 固定)
鞠智城の鼓楼を入れて固定で20秒。ISOを下げて、空の白かぶりを抑えてみました。


(2018.8.13 ペルセ04 by α6000 SEL24F18Z  F 2.0 ISO800 58sec 追尾)
ポータブル赤道義で、追尾しながら撮影。
がめん中央にカシオペア座。右端にはアンドロメダ星雲も映ってます。



(2018.8.13 ペルセ05 by α6000 SEL24F18Z  F 2.0 ISO800 62sec 追尾)
ポータブル赤道義で、追尾しながら撮影。やや薄い雲があるような。北十字のはくちょう座
天の川かガスなのか。。。



(2018.8.13 ペルセ06 by α6000 SEL24F18Z  F 2.0 ISO400 63sec 追尾)
上の写真と全く同じ白鳥座ガスが晴れています。ISO下げているせいもあるかも。


結局どの写真にも写ってませんですねえ。24㎜は広角なほうですが。。。
流星撮影には12mmとかのほうがいいいのか。







2018ペルセウス流星群

8月12日(日)から13日(月)にかけての夜はペルセウス流星群が極大を迎えます。
正確に時間でいうと、8月13日10時頃が極大です。22時ではありません13日(月)の午前の昼頃。です。もちろん、星は見えませんので、実際には12から13日にかけた夜が2018年ペルセウス座流星群の見ごろ、と言えます。
国立天文台のサイトにキャンペーンが開かれています。
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201808-perseids/

今年は、どっかに出かけて寝転がって眺めて見よう、と思っています。天気も良さげ。よほどのきまぐれで雷雲が出なければ。夜の鞠智城とかいいんじゃないかなあ。
もしくは竜門ダムとか。
どっちも夜行ったことないけど。街灯の有無がねえ。意外に夜にならないと、え、こんなとこにあるの?という感じであったりするんですよね。
街灯嫌い。

せっかく、月の状態が新月に近いので、空が暗く、星空が見えやすい。暗い流れ星も見えやすい。
(と私がこれ書いているのは12日の昼)
国立天文台のサイトに観測に適した時間帯の説明があります。












2018年8月12日日曜日

うだうだしながら過ごす週末。池宮平家上巻の感想含む


この盆休みに入った感のある週末。相変わらず激しく暑いですが。夜は25度27~8度になるようです。とはいって、エアコンを使わずに済まないので、一晩中エアコン使って、朝起きてエアコン切って、午前中は窓をあけっぱにして、扇風機で室内で過ごしています。部屋の気温32.8度。湿度51%
湿度が低いから、まだ、扇風機だけでもなんとかなりますな。動き回らなければ。
掃除機をかけると、途端に汗だくになりますが。
8/12日曜で、高校野球は7日目でようやく一回戦の試合を消化し、この日から二回戦がはじまるそうです。
あいかわらず、図書館で借りた、角川 池宮彰一郎 平家(上)
を読んでいます。上巻を読み終え、
同時に借りた、剣客商売全集最終巻8巻を一気に読み終えました。
今日は朝散歩しておらず。おそらく午後図書館に本を返しに行ったついでに、図書館周りを歩いて、散歩の代わりにするつもり。今年いっぱいで閉店かもしれない、シンカムで昼餉にしましょう。
最終巻だった剣客商売の感想はあとにしましょう。一遍だけ通常の長さやや短編の物語小兵衛と白猫の関わりあいで起きた事件を描いた「おたま」と、長編が二つ。小兵衛の若いころに師匠から剣だけなく人生の支えとしても面倒を見てほしいと頼まれた門人仲間がいた。その息子に関わる事件に小兵衛が関わる「二十番切り」。そして最終、「浮沈」これも、小兵衛がかつて斬りあって殺したおとこの息子に偶然会い。この息子が関わる事件を小兵衛が関わって解決していく。
最終巻だけに、小兵衛のその後に関係する話がちょこちょこ出てきます。まだ最終巻時点で小兵衛の年齢は66くらいですが、93歳まで生きるとか、小兵衛が死ぬ前に、碁敵の町医者小川宗哲先生もこの世にいなくなっているとか、金貸し幸右衛門で小兵衛が預けられた千両を軽く超える大金は、小兵衛の門人で口入屋や仕法家をやっている駿河屋八兵衛に預けており、八兵衛はさらにこれを増やして千五百両にして、さらに利益のお金を時折、小兵衛にわたしているらしい。
小兵衛は自分が死んだ後のことを八兵衛に頼むが、なんと、八兵衛さんのほうが先に亡くなってしまうようです。
さて、この最終巻までに、鰻売りの又六さんが、手裏剣を使う、一刀流のけんの使い手でもある、女剣士、杉原秀と結婚します。秀のお腹には又六さんの子供がいるようです。そんな状況で秀は大活躍。
もう少し細かい感想は別に書きます。




ついに、剣客商売全集も最後の8巻目に到達してしまったので、図書館で、同じ棚にあった
(並びが著作者のあいうえお順なので。)平家読むことにしました。
池宮彰一郎さんの本は初めてでしたが、事件の登場人物も、行く末も、ほぼわかりきっているので、読み進むのは早い。すでに上巻の半分くらいい読んでしまいました。
池宮平家の始まりは、平治の乱。です。
上巻では半分読んだところで平治の乱がひと段落しました。
後半は、乱後、清盛の国政改革の動機説明が続きます。
後白河院は健在。彼の子供の二条天皇が、天皇親政に強い執着を見せ。後白河院はそれを許すと自分のたちばがなくなる。死を意味する、という表現で書かれています。
清盛は、保元の乱、平治の乱といった、乱が続いている世の中、また、班田制が、天皇や公家のための荘園の拡大によって破綻し、国の政治に障害を及ぼしていることを清盛が憂えて、その原因は藤原官僚群による、政治の破綻にあり、これを無くす、もしくは制御しないと、国の政は破綻すると案じています。
後半はこのくだりに多く文字を費やしています。
二条天皇が死に、その子六条に天王位が移り、
そんな中、院と二条天皇派の中でうまく立ち回って、清盛は太政大臣にまで上り詰めます。
とはいえ、上には天皇や摂関の藤原氏がいます。
最後の数ページで一気に、清盛の政治上の立場が上がりますが、後白河の企みを清盛が感じつつ、という表現があります。併せて、まさに終盤に政治改革を目指す清盛と、その子、文官肌の重盛との感覚のずれが目立ってきます。
この本が書かれたのは平成13年。西暦でいえば2001年。日経新聞紙上らしいです。
自分は通勤途上のバイク事故で腰椎の一つを粉砕骨折して、2000年夏から2001年春まで8か月入院してました。
春に小泉内閣が成立し、秋に911が起こった激動の年。
2001年の秋、しし座流星群が、非常に激しく、まさに豪雨のように、星が流れた年でもありました。
池波氏は2001年政治の変革を望みながら、この平家を書いたんでしょうか。
小泉という私は好きではありませんが強烈な政治家の登場によって、平安と違うい現代の官僚政治の打破を臨んだのでしょうか。
小泉の時代は、それでも、彼が良くも悪くも強烈な人格の政治家であったので、政治家主導で日本の政治は動いて居ました。が、所詮、自民党でいる以上は官僚からコントロールされる立場を超えることはできないのでしょう。
官僚政治を超えようとした民進党は官僚の異常な報復と反発で、世間の評判を落とし、政権を追われます。
これに調子にのったのが自民党と安倍。安倍は逆に利用して、異常な影の権力で官僚への圧力を加え、私事に利用します。第一次安倍内閣においても、したっぱに圧力を加え、ばれそうになると、農林大臣や関係者を自殺という形で口封じ。第二次でも、官僚を自殺に追い込みます。
民進党政治の反動を官僚への恐怖統治という形で利用しています。
上巻を読み終えて、清盛の人格的な魅力はあまり描かれていません。
のちに、福原京設立につながる、海に開かれた国づくりに至る、動機付けが、
このまま進むと藤原官僚群の行う政治への改革のため、となりそうですが、
そうするにはやや、偏りすぎだし、清盛の魅力を伝えきれないのではないかと心配です。

2018年8月11日土曜日

不動産屋のくそおやじ、アドルフ安倍、逆プラザ合意しろ。

逆プラザ合意
トルコの通貨、リラが急落してます。一時、16円台/1リラ です。
どっかの国の不動産屋のいなかっぺ大将が、これまたあほの安倍にそそのかされて、トルコに経済制裁で、関税をあげるとか。強いドルがお好みらしい。では、是非、超円安に誘導してくれんかな。1ドル250円くらいに。
逆プラザ合意なんて妄想すぎますが。

そういえば、マネックスのサイトを見ると、一時、つい一年前まで、トルコリラ建て国際復興開発銀行の債券をえらく前に押し出して売り出してましたね。気が狂ってる、
と当時は思っていました。



トルコと言えば、当時も円高リラ安傾向ありました。


決して安定している感じではなかった。経済的にはやや上向きではあったのですが、不安定なトルコ国内事情は、けしって楽観できるものではありませんし、それが大きく作用していました。
また、そういう、経済的には底打っている感じだが、政治や治安が安定していない、という国の為替はFX業者に目を付けられやすいようです。証券会社の債券も同じなんでしょう。
こういった場合、マネックス証券の底意地の悪い、悪意に似たものを感じます。
こういった、高金利の債券なんて、リスクの塊ですよ。証券会社が為替をヘッジするので、為替リスクがない、というならわかるんですが。
するわけねえが。

社長の松本君からして、ビットコインという胡散臭いものに手を出す人なので、会社も、ややうさん臭さを増した感じがします。一時はまじめな会社でしたけどね。
今はリラ安に行ってますが、為替はまわりまわって、世界中に影響を及ぼします。
トルコ危機、なんてなれば、ゆーろや、円やドルに影響を及ぼすでしょうね。
ドル円が安定しているなんて、思えませんね。
さっそく、ニューヨーク株が激下げしています。しばし、彼岸まで、株価は下げ傾向続けるでしょうな。買い時、と言えばそうなんだけどねえ
全く、どれもこれも、不動産屋のバカおやじのせいだ。
またそそのかしたアドルフ安倍の罪も重いな。






2018年8月10日金曜日

沖縄の翁長知事

沖縄の翁長知事が昨日亡くなったそうです。すい臓がん。
ご冥福をお祈りします。
沖縄の県民のことをひたすら想っていた知事さんだけに、非常に残念なことと思います。
以前から応援していました。
全くと言っていいくらい、私事にとらわれることのない、孤高の闘士、でした。


一方、それに引き換え、現国政の長は公私の区別もつかず、お友達大事で、部下の忖度に、いい気になっております。
そして、その悪い見本を日大とか、ボクシング連盟とか社会全体が真似ている。
上から下まで腐っている日本にしてしまった、元凶の安倍は、いい加減、自身の社会への悪影響に気が付いて、辞めてくださいませんか。安倍よ、あなたは社会の極悪人なんだよ。
翁長知事のように。私心なく、公に尽くしている人もいるのに。
国と沖縄が争った際に、その人柄を考えても、正義はどちらにあるか明白ではないでしょうか。